• Mariko うめだま

うめだま一人旅 New Hope

コロナ禍のNY近郊で、

人混みに合わずに楽しむ方法を模索したところ、

田舎がとてもいいことに気づきました。


うめだま一人旅 

というタグで今までツイッターで旅行記を上げていたのですが、

今回のアメリカから二人旅です。

でも、せっかくなので今までの旅行の続きということで

一人旅と名付けたいと思います。



ニューヨークはマンハッタンから車で1時間ほど走れば、

のどかな避暑地的な街がいっぱい。


New Hopeという

ニュージャージーとペンシルベニア州の境にある

小さな街がとってもお気に入りになりました。


川が複数流れていて、築200年ぐらいの古いお家が綺麗に保存されています。



この運河感、オックスフォードが懐かしい!


街には古い鉄道線を利用した観光鉄道が走っていて、

オープンエアーの座席で汽笛を聴きながら、ゆっくり緑の中を走り抜けていきます。


中心部には古い建物を生かしたBed & Breakfastが沢山あって、


200年前の雰囲気をうまく改装した、

雰囲気あるお部屋がよりどりみどり。


今回泊まったお宿では、

宿泊前の24時間は他のお客を入れない、

消毒徹底など、コロナ対策をしっかりしていました。

暖炉の部屋の中にジャグジー!(別にシャワールームもあり)


コロナ対策で、お部屋の中で朝食を摂れるので、

ルームサービスを頼んだ気分でちょっと豪華。


食器類もクラシックな雰囲気でワクワク‥この感じ、大変すきです。



町の中心部から少し車で走れば、

古い建物を生かしたペドラーズビレッジというショッピングモールがあります。


地元の工芸やちょっと変わったアイテムをみつけにそぞろ歩き。

地元のバンドが演奏していて、お店の外も楽しい。


焼き立てピザも、イタリア風でさっぱり。


宅配ピザとかにありがちな、こってり感が強くなくて美味しい!

アメリカといえども、こってりだけが取り柄じゃ無いのだよ‥!



少し距離が離れますが、ワイナリーも沢山あります。

OLD YORK CELLERSというアメリカでもかなり古いワイナリーでは、


葡萄畑のパノラマを見ながらテイスティングができました。


収穫前のぶどう


テイスティングのプラッターのほかにも、

美味しい食事が用意されていて、

ガスパチョやタパスなどこちらもヨーロッパ感が溢れるお味とメニュー!


ワイナリーというと、大人の嗜好なイメージがありますが、

お値段もそこまで高くはありません。


私はお酒が飲めないので、主に食事を楽しみました。



個人的に、本当に楽しかったのは、農場!

奥まった森林地帯を抜けると‥

可愛らしい建物が!


新鮮なブルーベリーや、ブラックベリー、桃などを

自分の手で収穫できます。


入場料なし、

ブルーベリーは450グラムで$5ほどと、

とってもリーズナブルでお気軽。


ブルーベリーは7月、桃は8月、りんごは9月から

シーズンが始まります。


沢山摘んで冷凍してスムージーにしたり、

新鮮なままパクリといっても、皮がプチプチ。甘酸っぱくて美味しい!


ブルーベリー畑の横には、お花摘みエリアも。

プラケースに入るだけ摘んで$10と、こちらも良心的な価格。

季節のお花と蝶々に囲まれながら、まるで若草物語気分。


童心に帰れました。



おうちに持ち帰って、生けるのもまた楽し。(花瓶もペドラーズビレッジの雑貨屋さんで購入)



コロナの中でもゆっくり楽しめる、自然いっぱいのNYC郊外。


日帰りでも、1泊でも。


秋の紅葉も見事だよ!と宿のお姉さんが言っていたので、また訪れたいと思います。









391回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示